儀式の装い

何時の時代でもどこの国であっても大切な人が亡くなってしまうのは、とても悲しいことです。
大切な人だからこそ葬儀の際には正しく故人を見送り、悔いが残らないようにしたいものです。
今回は葬儀のマナーの一つでもある服装について書きたいと思います。
葬儀には喪服という、ある程度決まっている礼服があります。
しかし、お通夜で急に行かなければならなくなった等のときは、地味な私服でもかまわないようです。
逆に喪服では失礼に当たる場合があるようです。
ある程度時間的にも余裕がある場合、しっかりとマナーを守った喪服を着用して出席するのがベストです。
喪服のマナーですが、皆さんある程度ご存知かと思います。
スーツ上下や靴、靴下にいたるまで服の色は黒で統一します。
ただし、シャツは白にするのが一般的です。
女性の場合は地味な色のワンピースでも構いませんが、肌の露出を極力押さえ足元も黒や肌色のストッキングで隠すのが一般的です。
もちろんアクセサリーなどは控えてください。
親族ならもちろんのこと、近所や知り合いの葬儀の際にも正しいマナーで葬儀に参加し、失礼のないようにしたいものです。

相場

世の中で相場のよくわからないモノがあります。
その一つが葬儀の価格ではないでしょうか??葬儀の会計をすることなんて、一生に一回あるかないか、程度だと思いますし、やったことのある人も、「あそこはいくらだった」なんて言いふらしたりするものでもありませんいね。
そんな状況ですので、中には法外な値段を請求する業者もあるようです。
かなり高い金額を請求されても、そんなものか、と思ってしまう人も多いようですし、葬儀と言う性質上、値切ったり、色んな所から見積を取って比較したり、ということをする人も少ないですから。
そういう状況の中ですが、最近は透明会計、明朗会計を謳っている業者もよく見かけます。
逆に言えば、透明価格・明朗会計が他社との差別化を図るためのアピールポイントになる、と言うことなのですが。
また、家族葬、とか言う、家族のみで小さく行うタイプの葬儀も増えてきているそうです。
自分が死んだとき、残った人に負担をかけたくない、と言う人は、生前に見積もったり予約みたいなことをすることもできるので、周辺の葬儀業者を調べてみたらいかがでしょうか?