マナー

葬儀と言ったらそのマナーは違いなどはないと思いますがどうでしょうか。
しかし私は昔から疑問があります。
焼香は一般的には3回に分けて行いますが皆さんはどうですか。
私も最初は3回に分けて行っていたのですが、ある葬儀でお坊さんから3回に分けて焼香するなどどこの作法にもないと言ったことを聞いてなるほどと思いました。
祭壇に向かって焼香する時、一族に一礼する方としない方があります。
丁寧な方は、後ろを向いて参列者に一礼する人もあります。
どれが正しいのでしょうか。
答えは正解などありませんということみたいです。
その人に礼儀に対しての考え方がその程度の違いはマナーの範疇にはいるということだと思います。
著しくマナー違反でなければ、そのようなやり方もあるのだと思っていればいいことなのでしょう。
聞くところによると、通夜は参列することが大切で、そのためには着替えをする時間がなければ普段着でもいいそうです。
掃除に必要なマナーはマナーを逸しないというマナーなのでしょう。

葬儀の知識がない方もご安心ください。
こころのお葬式では必要なすべてが含まれているプランをご紹介しております。

服装

私自身今年旦那方のお祖母様を亡くし大切な人のお葬儀を体験しましたが悲しいものですね。
お世話になった親しい人が亡くなるというのは慣れようと思って慣れれるものではないですね。
皆さんはそういった急なお葬儀の時の準備は万全ですか。
私は母が結婚する時に持たせてくれた喪服のスーツがあったのでそれを着て行きましたが若い時の物のせいかサイズ的に合わずウエストやおしりがパンパンでとても恥ずかしい思いをしました。
人間どうしても年齢とともに体型が崩れていくのは仕方ない事ですから喪服選びは何度も買い換えないためにも抑えておきたいポイントがあります。
生地は光沢のない黒と言うのは定番ですが、スーツやワンピースのラインはなるべく腰がきゅっと閉まったものを避けて選ぶようにすることをおすすめします。
こうすることによって何年たっても体型が気にならないあるいは着続けることが出来きますね。
お葬儀は急な事もありますからせめてこれくらいの準備は心構えとしてしておくのがいいですよね。